logo memberb memberb businessb benefitb recruitb entryb


 

 

1 主な仕事内容を教えてください。
ドリームフィールズで一番新しいブランド、AETHER(エーテル)のWEBマーケティングと、エーテルの商品を作るための革の買い付けの仕事をしています。革の買い付けは、毎年イタリアで開かれる展示会に1週間程度行っています。もともとレザーが大好きなので、イタリアならではの美しい革、見たことのないめずらしい革などに出会ったときは、すごくワクワクします!
WEBマーケティングはお客さまに来店していただくためのお仕事で、GoogleアドワーズやYahooリスティングといった広告の分析と運用から、機能の改善やサイト作りなどを行っています。

 

2 ある1日のスケジュールを教えてください。
09:50 メールチェックと前日の売上の確認。
11:00 出稿した広告のメンテナンスや広告素材の作成。
12:30 昼休み。今日はランチを買いに出て、社内でいただきます♪
13:30 生産関係の確認。工場の担当者と電話やメールでやり取りします。
14:00 WEBサイトのリニューアル準備。デザインを考えたり、素材作成やコーディングをしてサイト構築していきます。
17:00 商品企画のミーティングや進捗の共有など。
18:30 明日やることを確認して退勤。

 

3 初めてイタリアに買い付けに行くことが決まったときは、どう思いましたか?
実は初めての買い付けは、出発の10日ほど前に行くことが決まったんです。もともとエーテルの商品デザイナーと社長の二人だけが行くことになっていたんですが、同じものを見たほうがブランドを作っていく上で良いということで、私も急遽行くことが決まりました。直前に同行が決まって、でも実はもともと行ってみたいなと思っていたので、すごいどきどきわくわくして・・最初の買い付けのときは、なんだかよくわからないまま(笑)気づいたらイタリアに来ていました。

 

4 買い付けのときは、どのようなことを考えていますか?
お客様にうけるというイメージだけではなく、その革をこういう切り口で打ち出していこうというイメージ、その2つのイメージがわかなかったら買わないようにしています。
それと重要なのは、やっぱり質です。これは現地のタンナーさんから情報を聞いたり、事前に勉強した知識から判断しています。
世界中の革が集まっているため、革の種類や加工方法など、タンナーさんとのコミュニケーションはとっても大切。あとは、情報だけじゃなくてやっぱり自分で触ってみたときに感じた感覚も大事にしています。
買い付けで難しいと感じるのは、「エーテルのイメージに合った」革を見つけること。革で一般的なのは、なめしただけで加工をほぼしていないヌメ革なんですけど、エーテルでは、「アートレザー」という花柄などのプリントを特殊な加工で施したものを使用しているんです。これを扱っているタンナーさんは少ないので、とても広い会場からまず探し出すことが本当に大変でした。
でも、世界中のいろんな革を見るのはすっごく楽しかったので、あまり疲れは感じませんでした(笑)。持ち帰ったサンプルはほんの一部で、蛇革があったり、ダチョウの皮があったり・・新鮮で、本当に面白かったです!

 

5 入社のきっかけや経緯を教えてください。
前職では販売職をしていたのですが、結婚・妊娠を機に退職していく社員が多く、将来的に5年、10年後のキャリアのイメージが持てず、「女性が長く働ける会社」という視点で転職先を探しました。
面接では、新規ブランドの立ち上げ、店舗運営、買付け、WEBサイト立ち上げなど、ほかの会社では断片的にしか経験できない業務をすべて自分たちでこなしているという活躍のフィールドの広さに驚かされました。
また、聞こえてくる社員同士の話し声や声をかけてくださる方々がとてもあたたかったこともあり、仕事内容と社風どちらをとっても「面白そうな会社だな」と思い、入社を決意しました。

 

6 今後ドリームフィールズでやってみたいことを教えてください。
まだ新しいブランドの「エーテル」を、たくさんの方に知っていただいて、もっともっと大きくしていくこと。個人的には、財布やかばん、キーケースだけではなく、もっと新たな商材も広げていけるといいなと考えています。それにあった革の種類や素材なども、幅広く見ていきたいです!