買い付け紀行イタリア編

 

ドリームフィールズは、最高の商品をお客様に届けるために、素材を探し、選ぶという買い付けの段階から私たちは携わっています。

その中でもエーテルは世界中の素材から選び抜いた“革”を使って商品をつくっています。

今回は、イタリアのミラノ郊外で開催される、リネアペレという50カ国近くのタンナーが出展する世界最大の革の展示会を一番の目的として、エーテルスタッフ2人と代表の関口でイタリアへと旅立ちました。

展示会で革を買い付けるだけでなく、イタリアの素晴らしい芸術や街並みにふれ、

イタリアの魅力をぎゅっとエーテルの商品に表現できれば、きっと素敵なものになるはず。

素敵なレザーを探す、イタリア旅のスタートです。

 

イタリアの素敵なお店たち

 

ローマ

IMG_9518

 

まず最初にローマに降り立ちました。

SALDI

IMG_9538ぶらぶらと歩いていると目に留まったのが、ローマに3店舗ある靴屋さん、SALDI。

木の枝みたいなオブジェに靴を引っ掛けるというユニークなディスプレイ。

これがなんとガラス張りになっていて、通りがかるだけでとても目立っていてギャラリーのようでした。

 

 

ローマ・SALDI2ついつい吸い寄せられてお店に入ってみると不思議な空間は続いていて、靴はそれぞれまったく違うデザイン。

すべて、デザインからハンドメイドまで同じ人がやっているんだそう。

 

 

 

 

Leather craftsman

IMG_9535IMG_9533

トスカーナのタンニンなめし協会のお店。

赤い革のシリーズに目が惹かれます。

店の奥にはかなり設備の整った工房がありました。

日本でも最近できたお店には多いのですが、イタリアのレザーショップにはこのように工房がついているお店が多いのです。

奥のほうからなにやら作業をする音が・・・

実際に人の手で作られている様子が見えると、より商品が魅力的にみえるような気がしました。

 

フィレンツェ

P1020777IMG_9876

 

ローマの次はフィレンツエへ

 

Ferragamo

IMG_0002

P1020792高級ブランドの中でも上品さが目立つフェラガモ。
そのフェラガモの本店を訪れました。
1階が高級感漂うお店。
地下が写真のようにズラァーーーっとならんだ靴に思わず息を呑むフェラガモ博物館になっています。1927年から1960年までの全作品が展示されていて、とても歴史を感じることのできる空間でした。ひとつひとつのデザインが洗練されていて、さすがフェラガモ・・・

 

 

 

Braccialini

IMG_0164

 

世界中にファンをもつフィレンツェのバッグブランド、Braccialiniのお店へ。

店内の雰囲気もディスプレイも高級感があってとてもオシャレ。

 

 

IMG_0169チューリップのモチーフが型押しされているのがチャーミング。

チューリップの可愛らしさや色の鮮やかさ、遊び心あふれる斬新なデザインはイタリアの女性に人気なのも納得でした。

 

 

 

 

街を歩いているだけで素敵なお店に出会えるイタリア。

次は、魅力的な革ができるまでを工房にて見学しました。

Next→